特定非営利活動法人(NPO法人)きっかけづくりの会

ひとがやさしい街プロジェクト

ひとがやさしい街プロジェクトとは

たすけ愛ゆずり愛ステッカー「ちょっと手伝ってほしいな」と感じている人に、「どうぞ」の思いと「ちょっとのお手伝い」をお届けする会として発足しました。

支援が必要な人が必要なときに支援を受けられるように、支援しようと思った人がすぐに手を差し伸べられるように、そんな環境づくりを目指しています。

バリアフリー漫画

お荷物持ちましょうか?

お荷物持ちましょうか?イラストお年寄りや妊婦さんにとって、重い荷物を持って移動することは、とても大変な労力がかかります。
そうした場面に出会ったとき、お手伝いしていただけると、すごく助かります。

エレベーターでは鏡を見て降ります

エレベーターでは鏡を見て降りますイラスト車いすでエレベーターから降りるとき、エレベーター内に設置されている鏡を見ながらバックで降ります。

一緒だと心強く渡れます

一緒だと心強く渡れますイラスト足が不自由な方やお年寄は、横断歩道を渡るのに時間がかかります。信号機が青のうちに渡れなかった場合のことを考えると、一人より誰かが一緒にいると安心でもあり、心強くなれます。

止まってください!私たちが見えてますか?

止まってください!私たちが見えてますか? イラストアメリカでトラックに車いすが押されて道路を走っているというニュースがありました。トラックからは車いす利用者が死角に入るということを多くの人に知ってもらい、車いす利用者のサポートをしていただけると、とても安心です。

ゆにばーさる君

ゆにばーさる君とは

ゆにばーさる君は「ひとがやさしい街プロジェクト」のイメージキャラクターです。

「助けてほしい」「お手伝いしたい」と思っても声を出すのは勇気がいるものです。お互いの意思伝達の手段として「目に見えるもの」を作ることで積極的に社会参加できる環境に近づけたいという思いから誕生しました。

ゆにばーさる君イラスト

多くの方にゆにばーさる君の存在を知ってもらうことから始めようとステッカーなどゆにばーさる君グッズを広める活動をしています。

ゆにばーさる君バック

ゆにばーさる君の歌

「ゆにばーさる君の出番だ!」

誰もが心の中で 声に出そうとして
出せない自分を持ってる 優しさを持ってる
だからちょっとの勇気を きっかけに変えよう
そして元気なあいさつ そこから始めよう
「どうぞ」「ありがとう」「どういたしまして」
言葉のかけ橋 そんなときこそ
ゆにばーさる ゆにばーさる
ゆにばーさる君の出番だ!

誰もが世界の中で 助け合っている
目には見えないところで 支え合っている
だから一歩を踏み出そう その手を差しのべよう
愛の花咲く故郷 みんなで作ろう
「どうぞ」「ありがとう」「大丈夫ですか」
ゆずり合いましょう そんなときこそ
ゆにばーさる ゆにばーさる
ゆにばーさる君の出番だ!

出会いはいつも宝物 心の扉を
開く魔法の笑顔 そんなときこそ
ゆにばーさる ゆにばーさる
ゆにばーさる君の出番だ!
ゆにばーさる ゆにばーさる
ゆにばーさる君の出番だ!

(作詞:ひとがやさしい街プロジェクト/補作詞作曲:風呂哲州)

ページの先頭へ