特定非営利活動法人(NPO法人)きっかけづくりの会

車いすバリア模擬歩道体験ユニット

体験会の様子

   

2014年11月には「はぁとふりぃ下関さん」主催の元、下関市立大学で行われた車いす研修-会の内容です。体験ユニットを活用した一例となっております。

今までも様々な方に体験していただき、車いすや利用者に対する理解を深めていただく活動をしています。

体験のご案内

車いす使用者の気持ちを少しでも知っていただけることで心のユニバーサル社会の実現を目指して体験ユニットを開発しました。20か所のバリアの歩道を再現した体験学習の移動式ユニットは、「広島県共同募金会」からの資金で開発しました。

平成13年の車いすバリア体験ユニット開発から現在まで約11,000人以上の方が体験をされています。

歩道体験ユニット概要
  • 国内初のユニット
  • 共同募金の資金で開発
  • 全延長(20メートル)
  • 設置スペース(10メートル×6メートル)
活用方法
  • 福祉体験教室
  • 社員教育・お客様対応
  • ボランティア体験
  • イベントなどの集客
  • 社会貢献 など
国土交通省 広島市職員体験 広島城常設会場
幼稚園 運輸局主催 社会福祉協議会

体験ユニットの貸出

1.環境に合わせたご提案

  • 設置場所状況(寸法・設備など)、想定される利用者状況、ご希望の体験ユニット運用方法のヒアリング。
  • ヒアリング内容に合わせた企画提案・ユニットサンプルのご提示、お見積りの提出、納期スケジュールなどのすり合わせ。

2.設置・施工運用方法のレクチャー

  • 豊富な活動実績を元に、設置環境に合わせた学習事業内容のご提案。
  • 周辺公共施設(学校・団体)へ向けての体験イベント実施訴求(そきゅう)。

設置・施工運用方法のレクチャーイメージ

体験ユニット貸出し申し込み

貸出し申請書 Excel版(29KB) PDF版(46KB)
貸出し明細(市民団体様用) Excel版(32KB) PDF版(46KB)
貸出し明細(行政様用) Excel版(32KB) PDF版(47KB)
貸出し明細(企業様用) Excel版(33KB) PDF版(46KB)

ユニット商品化開発

ユニット体験当法人が展開している活動に共感した異業種が、各部に分かれ、企画提案・サンプル作成・設置導入から設置後の体験プログラム実施に至るまで、サポートさせていただきます。

車いすバリア模擬歩道体験ユニット普及実行委員会
NPO法人きっかけづくりの会 理事長 奥田信春
体験ユニット製作部
  • デザイン、施工
  • 運搬、設置、アフターサポート
企画提案部
  • 体験ユニット普及促進提案
  • 設置へ向けた打ち合わせと調整
  • 設置後の近隣住民への活動内容訴求(そきゅう)

アドバイザーの育成

アドバイザー育成プログラム実施フロー

  1. ユニット導入後、第一回育成プログラムの実施(きっかけづくりの会による)。
  2. 第二回育成プログラム(きっかけづくりの会による)⇒同日、アドバイザー認定試験(筆記・実務)の実施。

認定アドバイザーについて

  1. 認定アドバイザー同行の下であれば、きっかけづくりの会スタッフの同行なしに体験実施が可能。
  2. 年に1回の認定更新試験あり。
  3. 年に一度、体験会実施状況の報告義務あり。

お問い合わせ

申し込み・お問い合わせ先

体験ユニット貸出し・アドバイザー育成についての申し込み・お問い合わせは「郵便・E-mail・FAX」のいずれかでお願いします。

特定非営利活動法人(NPO法人)きっかけづくりの会
〒731-0141 広島県広島市安佐南区相田五丁目24-12-5
E-mail:kikkake@axel.ocn.ne.jp
FAX:082-555-9008

ページの先頭へ